パンケーキが3枚

パンケーキレンズ3本目は、LUMIX G 14mm F2.5 ASPH. H-014 いってみました。旧型の方ですが、カラーはブラックをチョイス。調べてみるとボディーとのセットレンズで付けられたレンズがBLACKカラーが存在したようです。

Ⅱ型との違いは、黒塗装がマット仕上げで塗られています。また、レンズ指標マークが赤でⅡ型は白。14のフォントも違い着色もⅠ型はゴールドでⅡ型は白、概ねそんなところですが、レンズ構成はⅠ型もⅡ型も同じようでデザインのリニューアルが加えられた模様。

AF動作音も静かでLUMIX G 20mm f1.7 と比べるとAF合致速度も雲泥の差があります。動画撮影についても動作音がなく良好とか。

新品同様とのキャッチフレーズで売られていたのですが、届いた個体はまさしく新品同様で大変綺麗な個体でした。ここまで綺麗な物は滅多にないと思う程見事でした。

ピントリングの感触はLUMIX G 20mm f1.7 と比べる若干堅めの感触ですが、ガチガチの堅めとまではなく、それ程使いにくさはありません。どっちみちAF撮影がメインですし、電子式のように指を離す瞬間リングが動くと言う苛々がない分使いやすいかとも思います。

20mm 14mmと来たら次は中間の17mmあたりが狙い目でしょうか。それとも12mm? 12mmは使いこなす自信がないですね。逆に10mm位があると風景撮影には重宝するかも知れない。


マニュアルフォーカスですがLAOWAの10mm F2が1月29日発売です。作例が出て使用感のレビューが出るのを待つことにいたします。

取り敢えずはLUMIX G 14mm f2.5 ASPH. H-014を使いこなせるようになるのが先ですね。(撮影XZ-2)

あれ?もしかして今年初投稿?

いや〜、毎日が早い早い、もう今年も3週間経過してしまいました。アップした写真は今年の9日の雪の日のもの、観測史上二番目の大雪とかでした。ご近所はさほどでもなかったのですが、積もったところは15㎝近くあったようです。

20分ほどうろちょろして来たのですが、バッテリの減りが速いこと、充電満タンのに入れ替えて出れば良かったと後悔しました。

星が1点で見える喜び!

11日金曜日に眼鏡が出来上がりました、主に野外用・運転用ですが両眼で1.2程の見えになり久々に遠くがピントバッチリです。釣の浮きもひっさびさに1本に見え、夜空の星も1個に見える快適です!

裸眼では丁度パソコン作業に快適な見え具合で、数字の3、5,6,がちゃんと識別できもう「8」に見間違うこともなさそうです。(^^)

でOM-D E-M10 Mark II用に単焦点を一本追加してみました。LUMIX G 20mm f1.7 ASPH. H-H020です。旧タイプの方ですがレンズ構成に変わりはなくデザイン変更のみな感じでしたので、重量の重い旧タイプにしてみました。

お安かった分、メタルインナーフードを奢ってみました。色は黒と悩みましたがキラッとしたシルバーがアクセントになるかとこちらをチョイス。

評判通りの切れがありボケも良い感じです。マニュアルフォーカスはフォーカスリングが堅い、重いという話でしたがこの個体はスムーズな回転で、適度なテンションもあって、アタリかな?

AF速度もズバッとはいきませんがそれなりの速さで、さほど気にはなりませんが、AFポイントによって迷いが見受けられるシーンもあります。まぁ、お値段的にはこんなもんでしょう。LUMIXのレンズ久々です。

忘れた頃に・・・

応募下のは随分前、先週当選メールが届きました。奥さんに要る?と聞いたら「要る」と二つ返事だったので取り敢えず買ってみました。結構お高い

1 個 3,278円
小計 3,278円
配送料と手数料 660円
税 358円
合計 3,938円

普通サイズのマスクになります。最近小サイズも販売されたようですが、応募はまた小サイズ用でしなければならないようです。made in japan は久しぶりです、やっぱ何となく安心感が違います。

開眼。

左眼の白内障手術後、網膜剥離へと悪化し剥離手術はうまくいったものの、右目の方の視力がその後落ちてしまい、ファインダーを覗いてもピントはおろかファインダー情報さえも認識できない状態でした。

撮影時はモニターのライブビュー画面で何とか撮影していましたが、詳細な場所のピントなどはカメラ任せで未確認のままさつえいすると言う状況に至っていました。

右と左の視力差が大きく、遠近感も無くなりこのところ撮影は行きたくても不可能に近くなってしまっていました。

で、視力の落ちた右目、こちらも原因は白内障による像が3重に見える事による物でした。年初辺りからぼちぼち手術という状況だったのですが、コロナによる医療現場圧迫と医療機関の手術自粛で延び延びになっていたのですが、先週やっと手術することができました!

掛かりつけ医はコロナで手術しないと言うことで、大きな病院紹介による二日間の入院を伴う手術になりました。19日が手術でしたがすでに1週間を越え、術後の感染症もなく無事入浴もできるようになりました。

肝心の手術、今回は術後からスッキリはっきりパキパキ見えていて、遠近感も無事取り戻すことができました。カメラのファインダーも久しぶりに隅々までピントが合って、情報の文字も認識できるようになりました。

視力が安定するまでにはまだ数ヶ月かかりますが、仮の眼鏡を来週には作ろうかと思っています。眼鏡矯正で1.0位の視力になりました。何年ぶりかの視力・視界の回復、いや〜いろんな物が見えすぎて、ゴミや汚れが気になる様になりました。

macOS Big Sur

macOS Big Sur 久々の大型アップデート、iOSと親和性を持たせ、AppleSilicon M1にも対応させるべく、Apple渾身のOSになること間違いなし。
その雰囲気だけでも感じてみたく、早速インストールしてみました。

現在メインで使用中のmacOSMojaveをTechtool Proで別ディスクにボリュームクローンでコピーしアップデートをして見ました。アップデートは4時間表示から一気に20分位まで進み再起動、その後も何回か20分単位のインストールと再起動を繰り返しました、途中表示バーがあとちょっとの所で固まったように見えること2回、強制終了からの再起動をぐっっと堪えて待っていると、無事インストールが終わりました。

再起動後は幾つかのソフトがセキュリティー関係の設定を催促してきます。ソフトを立ち上げるたびにセキュリティーの確認を求めてくる。とてもセキュアなOSに成っているようです。こんなセキュリティを要求してくるOS、一般ピープルにはちと敷居が高い気がします。

Quark2018は残念ながら現状では起動しませんでした。Photoshop2017はとIllustrator2018は問題なく使えるようです。これより新しいバージョンは無論問題ないと思われます。

EPSON Scan、OLYMPUS Works、JeditX、は使用不可でした。JedlitΩはOK
インプットメソッドATOK2015は流石に無理でした、手書き入力をどうするかですが、「かわせみ2」が「かわせみ3」の開発発表をしていますので、完成待ちですね。

アップルオリジナルソフトのMailとかソフト内のアイコンも変更され線書き風のシンプルな感じです。一瞬CINEMA4Dかよと思ったほど似かよってるイメージです。軽快感は感じますがちと薄っぺらい感じを受けましたが、慣れの問題なんでしょうね。

macOS Big Surで遊んだ後通常のMojaveに戻したところ、”交換性のないディスク”というアラートが出て、新ストールしたハードディスクを注意してきました。「このディスクで使用されている機能は、このバージョンのmacOSには対応していません。」との内容です。ただシステムフォルダとか見えているし、データ自体は見えていてアクセス拒否もないです。

全体の感じとしては良い感じの進化を遂げている印象を受けました。実際仕事で使うには、もう少し環境が整うまで時間がかかりそうです。

令和2年国勢調査

令和2年国勢調査、今回はインターネット回答を選択したので明日10月7日が〆切です。頭の中でいつの間にか16日〆切と勘違いしてて、内容確認しておこうと封筒を開けてみたら、何と〆切間近じゃないですか?

危ないところでした、皆様もお忘れ無く!それにしても国勢調査ってこんな内容の調査でしたっけ?なんか働いてるか?あんたら〜〜的な印象だわ(笑)